日本にはギャンブルが浸透しており、日本に来るとスロットマシンとパチンコが真っ先に目に入ります。また、公営の競馬場、競艇場、競輪場では、場内での賭けやリモートベッティング(オンラインベッティング)が数多く行われています。テクノロジーとスマートフォンにより、いつでもどこでもオンラインによるベットやギャンブルができるようになりました。

厚生労働省が2017年に実施した調査によると、日本の成人の3.6%(約320万人)が人生のどこかでギャンブル依存症になったことがあるとみられています。これは、フランスやオランダなどの先進国がそれぞれ1.2%、1.9%であるのと比べて非常に高い割合です。

さらにこの調査で、過去にギャンブル依存症と見られる行動が見られたのは日本人の0.8%(約70万人)しかいなかったことがわかりました。ギャンブル依存症の人は、1カ月に平均5万8000円をギャンブルに費やしています。またこの調査では、日本で最も人気のある賭け事がパチンコとスロットマシンであることもわかりました。

2016年12月、日本の国会でカジノ法と呼ばれる統合型リゾート推進法案が提出されました。この法律は、長い間問題となっているギャンブル依存症に対する国民の関心を高めることに焦点を当てていました。衝撃的なことに、この法案には、強制的なギャンブルの問題に対処するための対策が含まれていませんでした。日本は、ギャンブル依存症の対策を取らないまま、すでに強固なギャンブル産業をさらに拡大しようとしています。これは、先進国の中でも異例のことです。そして、日本の社会に依存症が広がった原因の中でも最も重要なものの1つです。

日本のギャンブルは非常に簡単で、パチンコ屋にふらっと立ち寄るだけでギャンブルができるようになっています。

ギャンブル依存症のその他の重要な原因は以下の通りです。

家族の影響

ギャンブル依存症の親を持つ子供の多くは、親と同じ過ちを繰り返したくないと思っています。しかし、最終的には、多くの人が親と同じ暗い道に足を踏み入れてしまいます。

依存を可能にするチェーンを壊す

ギャンブル依存症の人に対する家族の反応は、依存症を克服するために重要です。回復への道を歩み始めるためには、本人が問題を認識し、自分の行動の影響を直視しなければなりません。

依存症の前では無防備

日本でギャンブル依存症が多発している要因は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、スロットマシンやパチンコが広く普及していること。

2つ目は、日本人の自己責任に対する考え方と、よく言われる「恥の文化」です。日本人は自分の仕事に集中し、他人に迷惑をかけないように教えられています。

そして最後に、政府がギャンブル依存症への対策を怠っていることが挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *